写真の小説

【小説】おもいで写真の感想 | 自分の大切なことが分かって泣いてしまう

小説】おもいで写真の感想 | 自分の大切なことが分かって泣いてしまう

笑顔な妄想の彼女
笑顔な妄想の彼女
おもいで写真って小説を読みたいんだけど良かった?泣けるかどうかも知りたいし、感想を教えてほしい。

 

そんな疑問にお答えします。

 

今回の記事では、

  • 【小説】おもいで写真の基本情報
  • 各章ごとの感想と学び
  • 名言
  • 読んだ後の心境の変化
  • 読んだ後にとりたいと思う行動
  • 僕はおもいで写真をどこで撮る?
  • まとめ | みなさんはおもいで写真をどこで撮りますか?
  • おまけ | おもいで写真に出てくる言葉で表現を磨く

について書いています。

 

この記事を書いた時点での僕は、2011年に写真を開始。世界20カ国を旅して約10万枚を撮影。ほぼ独学でスクール、結婚式の2次会などのスナップ撮影の仕事をしています。

 

おもいで写真。泣かさせて頂きました。本当に読んでよかったと思っています。ずっと置いておく1冊になりました。

 

自分のおもいでの場所で写真を撮ることを考えると、大切なことを思い出して泣いてしまいます。

 

僕もこの記事の最後の方で、おもいで写真を撮るならどこで撮るのかを考えて、泣いてしまいました。色々と大切な人のことを思い出しまして。

おじいちゃんとおばぁちゃんと暮らしたことがある人には特に読んで欲しい小説です。

 

笑顔なわたたく
笑顔なわたたく
29歳の主人公の過去や心の成長も考えさせられることがあります。

 

【小説】おもいで写真の基本情報

【小説】おもいで写真の基本情報

おもいで写真の基本情報です。

正式にはおもいで写と書きますが、調べている人が写真という漢字で調べている人が多いので写で統一します。

ちなみに『』は『』の昔、使用されていた漢字。おもいでと『』を合わせたんだろうと考えられます。

小説の発売日は2020年11月10日。

本を書かれた人は熊澤尚人さん。映画監督、脚本家の方です。

主な監督作品は、「おと・なり」「君に届け」「近キョリ恋愛」「ユリゴコロ」などです。

僕は熊澤尚人さんを知ったのはこの小説が初めてで文章と話がとっても好きになりました。

写真の小説はそこまで多くないのでテーマにしてくれて写真好きには特に嬉しいです。

あらすじ

主人公、音更結子は祖母の悲しい知らせをきっかけに、地元のおじいちゃんやおばぁちゃんの『おもいでの場所』で遺影写真を撮るように。

おもいでには嘘や、もういない人と撮りたい方も出てきて写真を通して多くの人生の教訓や切なさを感じれます。

 

主人公が使用しているカメラと機材

  • オリンパスのフラッグシップ(プロ用のとても良いカメラ)OMーD EーMIX
  • 20mm-40mmの広角ズーム
  • 40-150望遠ズーム
  • プロ用のキャノンのプロ用高画質写真専用プリンター
  • サブカメラとしてPEN-Fと単焦点レンズ

 

カメラや機材の解説の話はないですが、オリンパスを使ってる人は親近感を覚えるのではと思って伝えさせて頂きました。

 

 

2020年1月29日に映画で全国公開

2021年1月29日に映画が全国で公開されます。

出演されるのは乃木坂46の深川麻衣 高良健吾 香里奈 井浦 新 古谷一行 吉行和子。

 

 

小説を読んでから予告を見ました。小説の世界観とかなり同じですね。

予告でうるうるしました。

各章ごとの感想と学び

各章ごとの感想と学び

章ごとに感じたことを書いています。

内容は詳しくは書きすぎていません。

読む前に読んでおくと読みやすいかなと。

プロローグの感想と学び

熊澤尚人さんの言葉の表現力がすごいです。

読めば読むほど鮮明に状況が想像できるほど分かりやすく、かつ独特な表現に一気に好きになりました。

言葉の表現はこの記事の最後のおまけで紹介しています。

僕は自分の人生と状況が重なるところがあったので余計に小説の中に引き込まれました。

第1章 遺影写真の感想と学び

写真と撮ることは人との繋がりは大切なんだなって。

 

第1章で特に学んだこと
自分が出来ないことは人に頼ってみようということ。

 

あとは僕の祖父ともっと話そうと思わせてもらいました。

 

僕は2020年12月現在、認知症の祖父と2人で暮らしています。

色々あったんですが、写真を通して笑顔になれているので小説の内容が心に響きます。

 

運営中のInstagram『じぃと2人暮らし』で伝えたいこと
運営中のInstagram『じぃちゃんと2人暮らし』で伝えたいこと認知症のおじいちゃんとの日々の記録で何を伝えているのか知りたいですか?仲が悪かったじいちゃんとケンカをする日々ではなく、笑い合う日々を送るためです。じいちゃんと笑い合えるようになるまでの物語も書いています。お読み頂けることによって、運営中のインスタグラムでの写真を深く理解することができます。...

 

第2章 錆びた鉄扉の感想と学び

 

どんな誰に撮られるかという信用は大切であるということ。

 

個人で写真の仕事をやっていく時、撮る時の声かけの参考になります。

熊澤尚人さんは、映画監督で脚本家なのでこういった撮影のコミュニケーションなどにも詳しいんだなと勉強になりました。

第3章 嘘からの感想と学び

 

見えないけど、そこにあるものもある。

嘘をつく人にとっては嘘じゃない場合もある。

 

徐々に明らかになっていく主人公の過去。

そしてどう行動していくのかどんどん読み進めたくなる3章。

写真は自分を見つめ直すいい機会にもなる。

第4章 悔いの感想と学び

僕の中に落ちた。衝撃の稲妻が。

これまで小説を読んできた中で2回めの経験でしたね。文章から目を離して固まってしまったのは。

1度、気分転換が必要でした。

そして悔いがやってきた。

激しい嵐のような悔いに襲われた。

雨や風をしのいだかと思えば、また嵐がきた。

映画で映像として見ると僕はめまいを起こしてしまいそうだ。

エピローグ 子守唄の感想と学び

4章を読んだら、ここまで一気に読み進めてしまうだろう。

 

想いを撮る。

物語を撮る。

写真は人に行動を起こさせ、人を笑顔にする。

 

おもいで写真の名言

おもいで写真の名言

おばあちゃんはあんたが好きなことに挑戦して欲しかったが。成功することより挑戦することの方がずーっと大切なん。

おもいで写眞 p.129から引用

 

僕はおばあちゃんと過ごしていたことがあり、この一言で色々と思い出して泣いてしまいました。

僕はシンガーソングライターとして有名になることに挑戦したけど、挫折しました。

仕事も色々やってみたけど、上手くいかないことが多かったです。

自分なりに挫折を経験してきたことが救われる言葉でした。だから名言です。

読んだ後の心境の変化

読んだ後の心境の変化

それぞれの章でうるうるさせられ、それぞれの章で深く考えさせられる。

今、一緒に暮らしている認知症のおじいちゃんともっと話します。

写真を撮るようになって、お互いに笑えるようになったので少しでも笑い合える時間を増やします。

写真撮影の仕事をしている視点での心境の変化

写真の素晴らしさを改めて知り、もっと喜んでもらえる一瞬を残したいという気持ちへ。

幼稚園の日常の風景を撮る仕事をしています。結婚式の2次会の撮影も。一瞬一瞬に集中していこうって気持ちが湧いてきました。

読んだ後にとりたいと思う行動

読んだ後にとりたいと思う行動

映画を見る

おもいで写真の映画を家で見れるようになったらゆっくり見ます。

映画館で見たら心が揺さぶられすぎて帰りがしんどくなるから。

思うことがありすぎて、泣きまくって周りの人の集中を削ぎたくないし。

何度も読み直す

個人で写真を仕事にしていくヒントもあります。

それに写真を仕事にしている人たちとはなかなか普段は会話する機会がないけれど、本の中の登場人物たちとはいつでも知り合いになれる。

個人的に主人公の過去にも共感することがありますし、泣きたい時や冷静になりたい時に読みます。

仕事が上手く行かない時にも読みたい。一人じゃないと感じれるから。

合ってないなら合ってないことで突き放すのではなくて、どうすればいいのか教えてくれたらいいのにね。

どうしても無理なら相手の出来ることや性格を考慮して「こういう道のほうが合ってるよ」って。

そしたら(何がいけなかったんだ。)って思い続ける人生より、自分で次にやることを探したり、諦めたりもできるのだから。自信もなくしすぎることもないだろうに。

僕のおもいで写真はどこで撮る?

僕のおもいで写真はどこで撮る?

僕はおもいでの場所で1枚写真を撮るとしたら、幼い頃にばあちゃんと一緒に自転車の練習をした公園。

 

「ほら、離すよ~~~っ!! ほら乗れたっ!! 乗れたぁっ!!」

 

ガシャン。

 

一瞬だけ補助輪なしの自転車に乗れて、膝を擦りむいてを繰り返したあの公園。

 

何日も練習を繰り返して、一緒に出来るを共有できたあの時の場所で写真を撮りたい。

あの時の自転車はない。だから今、乗っている自転車と一緒に撮りたい。

 

そんでその写真を。自分に合ってる仕事を見つけれてきたよ。昔より毎日笑えるようになったっよ。元気にしてるよ。って言葉を添えて仏壇に飾りたい。

それが僕のおもいで写真。

 

この部分を書いててばあちゃん思い出して泣いてしまった。

大切な人とおもいで写真を一緒に撮れるように頑張るわな。

まとめ | みなさんはおもいで写真をどこで撮りますか?

まとめ | みなさんはおもいで写真をどこで撮りますか?

1枚。おもいでの写真を額縁に入れて飾るとしたら、皆さんはどんな場所で撮りますか?

考えてみて下さい。

 

 

自分にとって何が大切で誰が大切なのかも分かる小説です。

 

笑顔な妄想の彼女
笑顔な妄想の彼女
あたしなりの視点で読んで見る。映画も一緒に見ようね。

おまけ | おもいで写真に出てくる言葉で表現を磨く

おまけ | おもいで写真に出てくる言葉で表現を磨く

写真表現や文章表現を磨きたい人。

言葉から小説はどのような内容かを想像したい人向け。

僕の場合は言葉に合うような写真を撮影したり、編集、合成するためです。写真表現のアイデア。

どんな内容かも想像するのを僕が気になった小説ないの言葉から想像してみてください。

 

  • 鉛色の故郷 プロローグタイトル
  • 凪いだ海 p.8
  • どこでもない空の一点 p.18
  • 浅いコーヒーのような匂い p.22
  • パーソナルスペース p.23
  • つっけんどんな態度 p.23
  • 挑戦的な眼差し p.26
  • 強い風に吹かれた雨粒 p.29
  • 文字は雨風でかすれている p.32
  • 言葉になりきらなかった、曖昧な、単語の
    断片 p.44
  • 喉に引っかかった魚の骨 p.44
  • 目は暗く淀み p.48
  • 胃から何か苦いものが迫り上がるような気持ち悪さ p.48
  • 素朴で真面目 p.103
  • はがゆさだけが心にしみて、どこまでも広がって行く p.116
  • よそよそしく、とげとげしい p.119
  • 町の音を消してしまうくらい強くて、白い色をした雨が好きだった p.126
  • まだらになった気持ち p.126
  • 喉の奥と胸の間に異物 p.180
  • 清廉さ、職人らしい説得力 p.181
  • 春爛漫 p.184
  • 流れる冷たい水の爽やかさ p.184
  • 大地に霜が降りた様子 p.184
  • 心がばらばらになる強い衝撃 p.188
  • 空にインクの染みが広がって行くように青
    白い夜明けの光が広がり、海の色に溶け込んでいった p.192
  • 群青色が海と空の境界線を曖昧にしていく頃 p.192
  • 胸の癇癪玉が破裂した p.200
  • 狐につままれたような気持ち p.220
  • 魚のように口をとがらせて首を振った p.221
  • 茜色の夕日が雲間から全容を現し p.246
  • 天使の梯子 p.246

おもいで写眞より引用

 

笑顔なわたたく
笑顔なわたたく
狐につままれるの意味は、信じられないほど意外で呆気にとられること。

 

 

それでは今日も良い1日を。

ABOUT ME
わたたく
ブロガー/カメラマン/シンガーソングライター/写真で幸せを感じる時間を増やすことをコンセプトにブログを書いています。写真の撮り方や表現を上達させて笑顔な日々をおくりたいです。『わたたくの写真ブログ』は僕の写真の成長記録。